オーディオ周りが気づいたら日本の会社で固まってる話

どうもこんにちは、アレクサはBluetoothの受信機、セツナです。フォロワーさんからプレゼントしてもらったものの、妹が遊ぶので曲聴いてるときに切れたりするのがイライラするので完全にBluetoothをスマホから飛ばして音楽再生するときにしか使えてません。

 というわけで私の総額2000円位だけどアンプ2台にカセット、CD、DVD、Bluetoothまで対応する4Way(?)変態構成音響ですが、よくよく見てみると日本製しかないんですよね。

 まず、4WayになってるスピーカーはSanyoとSony製のどちらもデッキなどのセットになってるスピーカーなんですが、どちらも日本のメーカーです(Sanyoは今はパナソニックに買収されてしまっていますが)。

次にアンプ。こちらはTechnicsの当時4万円ほどしたアンプとVictorのシステムコンポ付属アンプ。こちらも日本メーカーですね。ちなみにTechnicsのアンプの方は日本製かつLEDインジケーターもついていて、これまた暗闇で光らせると昔のカーステみたくかっこいいんですよ。

 カセットデッキはSony製。1978年のものなので結構角ばった感じがかっこよくて好きな人にはたまらない逸品です。友人からベルトが滑るものとして譲り受けたのですが、なぜか何もしていないのに動いてますw

 最後にDVDとCDプレーヤー。こちらはToshiba製です。欠点としてはディスクのイジェクトがしにくいのとリモコンがないのでというのはありますが、それ以外には特に文句もなく、ドルビーやdts、さらにはハイレゾまで対応しているので近々互換リモコンを買いたかったりしてます。

こんな感じです。私の部屋は相当変態構成なものが多いのでこれからも変態構成なマシンを晒していけたらなと思います。最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。