根気強くやっていくブログ運営

 どうも、最近アクセスが安定してきていいのか悪いのか判別しかねるセツナです。確かにブログってアクセスが安定しているってことは固定客がしっかりついていて、いいことでもあるんだけれども、逆に言えば発展や進捗がなかったり、売名が成功しているわけでもないというのがバレてしまうんですよね。そこが考えどころです。

 急に話は変わりますが、今回の題名に移りたいと思います。その名も根気強くやっていくブログ運営というわけなんですが、ブログ運営っていうのはやっぱり根気強く長い間書いていく必要があると思うんですよね。私の場合は昔売名に成功していたのですが(今となってはその名も廃れたが)、やっぱり爆発的な人気を起こさなければうまく行かないんですよね。私の場合は海外に住んでいたこともあってそのことをブログにまとめていくだけでかんたんにアクセス数が増えたのでまぁ、面白かったんですけど、それはそれでなんだかなぁというのもありました。というか、そもそも収益化を一切検討していなかったっていうのもあって、若干楽しんでやってたっていうのも伸びた原因なのかなって。

 今のブログはもとはといえば収益化をするのが最終目的で、言ってしまえば失業保険なんですよ。学生というものや会社員というものの肩書きがなくなったとき、さて自分はどうやって生きていくべきかと考えたときに、活字中毒な自分は文章を書こうと思ったんですよね。先述したとおり、ブログを書くという経験はあったので。それで一応収入6桁にしたかったんですよね。実際のところアドセンスが電話番号認証が必要でそこで諦めたっていうのはあるんですけど。まぁ、とにかく軍資金の温存のために書いてました。でも最近アクセス数が割と出てきたって言ったと思うんですけど、やっぱり安定しだしたのはちょうど諦めて趣味に走ったあたりなんですよね。そういうのを見るとやっぱり趣味感覚っていうのが必要なのかな〜って思ったりします。最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。