高専の夏休みも終わり

 どうもこんにちは、夏休みが終わり今日から学校のセツナです。宿題?終わってるわけねーだろ(これだから英語嫌いなんだ)高専を受験しようとしている皆さん、少し思いとどまってください。宿題が多すぎます(これまじで)ここの覚悟ができてない人は夏休みまでにバテます。提出物も多いです。はっきり言って体制のある人じゃないと萎えます。今回はそんな高専の闇について書いていきます。

 高専といえばやはりやれ夏休みが長いだの就職率もいいだのでいいところばっかり目に行きますが、卒業生の数、知ってますか?これは高専によってばらつきがあるのでなんとも言えないことではありますが、私の通っている高専は入学定員40人なんですよ。普段は若干多めに取りますが、仮定して45人入ってきたことにします。卒業生何人いるか。

「28人」です。

あ、これ留年生合わせての人数です。卒業率実に7割、ちなみに2年から3年、3年から4年で留年落ちする人は学年の約半分と言われています。そんな中あなたは高専でやっていける自信はありますか?そんな自信のない人は今この情報を手に入れられたわけなのでぜひもう一度検討し直してみてください。私自身はこの情報を知らずに入って痛い目にあいました。でも今読んでいるみなさんはこの情報を手に入れられましたよね?もう一度考えて直してみてください。

というわけで高専の入学率を下げようとしたセツナでした。多分こんな記事読んだところでやっていける自信のある人はガン無視して頑張っていくんでしょう。そんなあなたはきっと卒業できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。