ロリコンは果たして本当に罪なのか?

 どうも、最近過激路線に走りつつある気がするけど特に気にしてないセツナです。最近、なんか色んな条例だの条約だの言ってロリ(に限らずショタなども)を規制しようとしてるのでそれに関して書こうと思います、というか書きます。先に断っておきますが、「結構過激なこと書いてアクセス数稼ごうとしてるんだなー」と思ってる方、どうぞブラウザバックして下さい。私は「アクセス数を稼ぐため」ではなく、今の所「自分の気になったことについて書く」をモットーと言うかポリシーにしてますのでそう思われるような方は今回はご縁がなかったということでお引取り下さい。

で、今回の題名になっている「ロリ」(もしくはショタ)なんですけど、そういうのが好きな人、~まぁ、俗にいう「ロリコン」や「ショタコン」と呼ばれる方たちですね~というのは本当に悪いのか?ということについて書きます。

 結論から書きますと(早いけど)、実際のところは「悪くない」というのが私の意見です。もちろん全てのロリコン、又はショタコンがいいとはいいませんけど、世の中にいる9割以上の人は確実に「悪くない」です。なんでそう言えるのか。2次元の画像と3次元の画像ってあるじゃないですか(3次元は画像に限りませんが)。私は2次元の中にいる分には別に一切の問題って無いと思うんですね。「2次元だろうがそういうことを連想させる画像はダメなんだ!」とか言う過激的な思想の人、今すぐ帰りなさい。

 私が思うには、例え「連想」をさせたとしてもです、それが3次元に出てこないのであればいいのではないですか?何故2次元でもダメなんですか?私は思うんです。2次元で収まっているからこれまでの被害(この言い方が適切なのかはわかりませんが)で済んでいるんですよ。実際本格的に規制してみなさい。今までの児童などが犯罪に巻き込まれるケース、ほぼ「確実に」増えますよ?親御さん達、「子供が犯罪に巻き込まれたくない」とよく仰るではないですか(むしろ言わない人は少しやばいとは思う)。その犯罪を2次元と言う水際のところでで止めてくれているんですよ?むしろある意味では「推奨すべき」だと私は思うんですね。あくまでも「ある意味では」なので全面推奨とまでは言いません(実際そういうのが苦手な方たちだっていらっしゃるわけで)。でも、2次元で収まってくれている分には別に問題ないのではないでしょうか?

 私もこうやって書かせて頂いてるので自分の立場をはっきりさせますが、私は2個3個下(私の年齢からすると中学生ですね)が好みです。世間ではロリコンと呼ばれるかもしれません。というか実際度々言われました(私はたかがその年齢差でそんなこと言ってると恋愛対象一気に減るぞ?と言いたいんですが^^;)。しかしですよ?私はYesロリータ、Noタッチのポリシーをあくまで貫いてます。そして、大半のロリコンやショタコンと呼ばれる人たちもそうです(というかそうでないやつは評判を落とすだけなので今すぐにでも消えていただきたい)。実世界で本当に手を出さなかったらいいんです。そうですよね?2次元にいる分にはなにか実害ってありますか?オタクをきもいとおっしゃる方たちが私には一切理解できないのです。むしろその文化があるからこそ、犯罪って減ってると思うんですね。性的なものを極度に規制したカナダを見てみて下さい。カナダに限る必要はありません。世界中の規制を強くした国々に目を向けて下さい。規制が強くなればなるほど性犯罪率っていうのは上がってるんですよ。実際そういう結果が出てるんですよ。日本は治安がいいとか言ってるみなさん、確かに治安がいいですよ。でも、治安がいい背景に「そういう現実」というのがあるというのを知っていただきたいんです。確かに世の中の大多数の人からは受け入れられにくい趣味であることだって承知してるんです。でもですよ、それで犯罪を防いでるって考えて下さい。少しは受け入れる気になりませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。